きぼう を見よう(2)

10月11日夕方に観測できた「きぼう」は雲の無い絶好のコンディションで、観測時間も5分以上もあり、南西から天頂近くを通り北東の空へと明るく輝きながら渡っていく様子 それは素晴らしいものでした。
今回の撮影場所はショッピングモール「ザ・モール周南」で市街地の真中です。屋上駐車場から「きぼう」が見える方向を眺めると地上には明るい照明が灯った市街地が広がっています。そうです、今回は明るい市街地を背景にして「きぼう」/ISSの光跡を撮るのです。
さて、「きぼう」が見える角度は左右162度、高度は72度とのことなので、画角180度のシグマ15mm対角魚眼レンズを使い、全体の光跡と地上の市街地をカバーする予定です。街中に溢れる明るい照明を写しこみながら「きぼう」/ISSの光跡をなるべく明るく撮るため、撮影条件は絞りF3.5、ISO感度400に設定して、露光時間を2秒と短くして地上の明るさを抑え、2秒毎のコマを多数重ねて全光跡を写しこむ試みです。
結果が下の写真です。

「きぼう」/ISSの光跡は画面左側から中央の上を通り右上へと大きな弧を描いています。この後、更に北東方向に1分程見えていたので、対角魚眼レンズでも全光跡を写せなかったのは残念でした。画面下側には魚眼レンズ特有の中央が凹んで左右が上にあがる形で賑やかに街の明かりが写っています。明かりが白飛びしているのでシャッター速度はもっと短くするべきでしたが、空の色をブルーに調整したので全体的にはチョッと良い感じで仕上がったのではないかと思います。
「きぼう」/ISSの光跡の途切れをなるべく短くするためウェブで見つけた連写モードで撮影するアイデアを使い、エネループ8本を詰めたバッテリーグリップを装着し連写速度をあげたD700を使っています。
リモートスイッチを押しっぱなしの位置にセットすると、2秒毎にシャッターが開閉して連写してくれるのですが、D700は連続撮影が100枚しかでき無いと言う不思議な仕様なので、100枚以上連続撮影する場合には、途中でリモートスイッチを一旦切り、直ぐに入れ直す必要があります。慣れれば1秒も掛からずにできるのですが、前に試したときに見事に失敗した経験があり緊張しましたが、今回は上手く出来ました。
重ねたコマ数は合計129枚で、明コンポジット合成です。1枚目開始から129枚目開始までの時間が4分32秒(272秒)です。シャッターが開いている時間が128枚分合計256秒なので、コマ間時間の合計は272-256=16秒。これをコマ間の数128で割ると0.125秒になるので、連写速度は秒8枚になります。ニコンはバッテリーグリップ付きでのD700の連写速度を秒8枚と発表していますので、ドンピシャの結果でした。
「きぼう」/ISSのような高速で移動する飛行体の光跡と明るい市街地を同時に写しこむには、連写と比較明コンポジット合成を使用する手法はなかなか良い方法だと思っています。

D700+MB-D10にシグマ15mm・f/2.8魚眼レンズ。SS2秒x129枚の比較明コンポジット。

きぼう を見よう

「きぼう」は 国際宇宙ステーション(ISS)の一部、日本の実験棟です。
日の出前や日没後に見えるISSは夜空で一番明るい一等星並の明るさがあるので星座の形を写せるレンズでISSの光跡を写すことができます。「きぼう」そのものを写すには更に倍率の高い望遠鏡の様なものが必要ではないかと思います。
「きぼう」が何時どの方向に見えるかは JAXA(宇宙航空研究開発機構)のHP ”「きぼう」 を見よう” (http://kibo.tksc.jaxa.jp/#tracking) で判ります。私もここで得た情報を元に、8月6日に初めて「きぼう」を撮影出来ました。

上の画像の左側中央から右上に伸びる明るい線が「きぼう」/ISSが午後9時頃から約3分間に渡って北西方向の空に描いた光跡です。
ISO400、絞りF4、シャッター速度10秒で連続撮影した100コマを比較明合成してあります。このうち17コマ(約3分間)にきぼう」/ISSが写っており、星座の光跡はその前後合計約17分間分の長さになっています。
初めて見た「きぼう」/ISSはとても明るく、その明るい光点が大空を横切っていく光景はちょっとした感動ものでした。今回の背景は自宅近くの住宅街ですが、次は絵になりそうな場所を背景に「きぼう」/ISSを撮ってみたいものです。
D700は撮影時刻を記録してくれるのですが、時刻合わせは4年前の購入時にやったきりでした。この間に約1分ほど遅れてしまっていたようで、正確な時刻が写真のデータからは判らなくなっていましたので、これを機会に時刻あわせをやり直しました。

D700とシグマ14mm/F3.5で撮影した100コマを比較明合成しました。画像への文字入れはGIMP2.8。

金星の太陽面通過

今日は朝から快晴、庭で金星の太陽面通過を連続写真で撮ることにしました。
しかし、途中で雲が出たり、最後は厚い雲に覆われてしまい完全には撮りきれませんでした。

金星は左側から右側へと約6時間半かけて太陽面を通りぬけていきました。
金星が薄くなったり、ちょっと大きくなっていたりするのは雲の影響です。
よく見ると、太陽黒点も写っていて(ゴミではありません)、同じ黒点が少しずつ位置がずれています。これは、太陽も自転しているからなのでしょうか?(*1)
真上の太陽をレンズ越しに見るには首を思い切り後ろに傾けなけらばならないし、カメラの向きを調整するため腕を上に上げたりが結構きつくて、疲れました。

D200に300/F4+1.4倍テレコン+(ND400+ND8+PL=約ND10,000相当)。
11枚をGIMPで比較暗合成(*2)しました。
(*1)黒点は太陽の自転に因って移動するそうです。
(*2)比較明合成→比較暗合成に訂正しました。明合成では黒の金星が消えてしまいます。(汗)