きぼう を見よう

「きぼう」は 国際宇宙ステーション(ISS)の一部、日本の実験棟です。
日の出前や日没後に見えるISSは夜空で一番明るい一等星並の明るさがあるので星座の形を写せるレンズでISSの光跡を写すことができます。「きぼう」そのものを写すには更に倍率の高い望遠鏡の様なものが必要ではないかと思います。
「きぼう」が何時どの方向に見えるかは JAXA(宇宙航空研究開発機構)のHP ”「きぼう」 を見よう” (http://kibo.tksc.jaxa.jp/#tracking) で判ります。私もここで得た情報を元に、8月6日に初めて「きぼう」を撮影出来ました。

上の画像の左側中央から右上に伸びる明るい線が「きぼう」/ISSが午後9時頃から約3分間に渡って北西方向の空に描いた光跡です。
ISO400、絞りF4、シャッター速度10秒で連続撮影した100コマを比較明合成してあります。このうち17コマ(約3分間)にきぼう」/ISSが写っており、星座の光跡はその前後合計約17分間分の長さになっています。
初めて見た「きぼう」/ISSはとても明るく、その明るい光点が大空を横切っていく光景はちょっとした感動ものでした。今回の背景は自宅近くの住宅街ですが、次は絵になりそうな場所を背景に「きぼう」/ISSを撮ってみたいものです。
D700は撮影時刻を記録してくれるのですが、時刻合わせは4年前の購入時にやったきりでした。この間に約1分ほど遅れてしまっていたようで、正確な時刻が写真のデータからは判らなくなっていましたので、これを機会に時刻あわせをやり直しました。

D700とシグマ14mm/F3.5で撮影した100コマを比較明合成しました。画像への文字入れはGIMP2.8。

金星の太陽面通過

今日は朝から快晴、庭で金星の太陽面通過を連続写真で撮ることにしました。
しかし、途中で雲が出たり、最後は厚い雲に覆われてしまい完全には撮りきれませんでした。

金星は左側から右側へと約6時間半かけて太陽面を通りぬけていきました。
金星が薄くなったり、ちょっと大きくなっていたりするのは雲の影響です。
よく見ると、太陽黒点も写っていて(ゴミではありません)、同じ黒点が少しずつ位置がずれています。これは、太陽も自転しているからなのでしょうか?(*1)
真上の太陽をレンズ越しに見るには首を思い切り後ろに傾けなけらばならないし、カメラの向きを調整するため腕を上に上げたりが結構きつくて、疲れました。

D200に300/F4+1.4倍テレコン+(ND400+ND8+PL=約ND10,000相当)。
11枚をGIMPで比較暗合成(*2)しました。
(*1)黒点は太陽の自転に因って移動するそうです。
(*2)比較明合成→比較暗合成に訂正しました。明合成では黒の金星が消えてしまいます。(汗)

日本丸がやってきた

徳山下松港開港40周年に合わせ日本丸が8年ぶりに周南市晴海埠頭にやってきました。
来航が5月19日(土)、出航が5月24日(木)で、20日(日)の船内一般公開にでかけたのですが当日の天気は曇り。

ところが、朝方からの曇り空は晴れることは無く、またまたどんよりとした空が背景になってしまいました。
何枚か撮っているうちに面白い発見をしました。下の写真と続きの2枚の写真です。

見る位置によって帆を吊るしている横桁の数がお化け煙突のように変わるのです。
次第に日本丸から遠ざかって撮っています。一枚目の写真より横桁が多いほうがやっぱり、見栄えが良いですね。

三枚目は更に離れた位置で。横桁だらけに見えます。しかし、横桁の数を数えてみると
一枚目は15本
二枚目は17本
三枚目は18本
で余り差がありません。どうやらまとまりを一かたまりと見ているように思います。

更に離れて真正面から撮ると、横桁は4つのブロックに分かれるので、日本丸の上下方向の帆の数は四枚だろうと想像できます。

最後は、どうにか青空が見えたときの日本丸の後ろ姿です。

写真は1, 2,5がD700と18-35/F3.5-F4.5、3, 4がD700と70-300/F4.0-F5.6
現像と水平・垂直補正はSilkyPix Pro5