虹ケ浜のシャボン玉おじさん

8月31日夕方 令和初めての夏休み最終日のこの日は秋雨前線のお休み日で 久々の晴れの日。

Tシャツ一枚で丁度心地よい気温 白砂の虹ヶ浜には浜辺の草を僅かにそよがせる海風が吹いていました。6時開始とのことで、20分程前に到着すると、もう浜辺沿いの道には車がズラッと止まっています。急いで松林を抜けると、賑やかな子供の歓声に載って もう無数のシャボン玉が暮れかかる空を舞っています。その様子はまるで青い海の中を大きなシャボン玉の泡が次から次へと流れているようでもありました。

と、目の前に青色に輝く不思議なサッカーボールのようなシャボン玉が。隣のお嬢さんもスマホで激写しています。

子供たちは裸足でサラサラの乾いた砂浜を走り回って、夢中でシャボン玉を指で突いて割れるたびに歓声をあげています。お父さん達は上を流れるシャボン玉の群れに触れるように何度も何度も子供を高く抱き上げています。

シャボン玉液が入った四角の容器の傍には、先に長い紐がついたシャボン玉を作る竿がおいてあり、大きな子も小さな子も長い行列を作って 大きなシャボン玉つくりに次から次へとチャレンジしています。 そんな楽しい様子を見ているうちに少しづつ日が暮れて夕焼けになり、シャボン玉も黄金色に染まります。

やはり、見事なシャボン玉を飛ばせてくれるのは、シャボン玉おじさんで 歓声も一段と大きくなり 輝くシャボン玉が天の川にように空を流れフッと消えて行きます。

秋の長雨の合間 気持ちの良い宵闇に包まれ 楽しいひと時を過ごしました。

シャボン玉おじさんに感謝しながら虹ヶ浜を後にしました。

上関海峡のだるま夕日

写真が趣味なら一度は撮ってみたい”だるま夕日”に巡りあったのは、もう5年も前のことでした。柳井市阿月地区の火祭り「阿月神明祭」に向かう車が平生町室津の海岸に差し掛かったのは、丁度日の入りの頃でした。
右手に見える海を見ると水平線近く薄く雲がかかり、沈もうとする夕日がオレンジ色に輝いています。急いで車を止めてもらい、おっとり刀でカメラと三脚を取出し防波堤の切れ目からトライポッドが並ぶ海岸へでてシャッターを切り、初めてのだるま夕日をとりました。
左手の灯台のような黒い影は亀岩灯標、右手の黒い影は牛島です。


シャッターを切り始めてからだるま夕日が水平線の下に沈んでしまうまでたった4分間。偶然のチャンスに恵まれました。

AF-S VR 70-300/F4.5-5.1初撮り

60ミリマイクロと同時に購入した 70-300 の初撮りです。

山口の瀬戸内の冬は、玄界灘からの冷たい風が吹き付け、結構寒いのです。


2枚ともD700とAF-S VR 70-300。