虹ケ浜のシャボン玉おじさん

8月31日夕方 令和初めての夏休み最終日のこの日は秋雨前線のお休み日で 久々の晴れの日。

Tシャツ一枚で丁度心地よい気温 白砂の虹ヶ浜には浜辺の草を僅かにそよがせる海風が吹いていました。6時開始とのことで、20分程前に到着すると、もう浜辺沿いの道には車がズラッと止まっています。急いで松林を抜けると、賑やかな子供の歓声に載って もう無数のシャボン玉が暮れかかる空を舞っています。その様子はまるで青い海の中を大きなシャボン玉の泡が次から次へと流れているようでもありました。

と、目の前に青色に輝く不思議なサッカーボールのようなシャボン玉が。隣のお嬢さんもスマホで激写しています。

子供たちは裸足でサラサラの乾いた砂浜を走り回って、夢中でシャボン玉を指で突いて割れるたびに歓声をあげています。お父さん達は上を流れるシャボン玉の群れに触れるように何度も何度も子供を高く抱き上げています。

シャボン玉液が入った四角の容器の傍には、先に長い紐がついたシャボン玉を作る竿がおいてあり、大きな子も小さな子も長い行列を作って 大きなシャボン玉つくりに次から次へとチャレンジしています。 そんな楽しい様子を見ているうちに少しづつ日が暮れて夕焼けになり、シャボン玉も黄金色に染まります。

やはり、見事なシャボン玉を飛ばせてくれるのは、シャボン玉おじさんで 歓声も一段と大きくなり 輝くシャボン玉が天の川にように空を流れフッと消えて行きます。

秋の長雨の合間 気持ちの良い宵闇に包まれ 楽しいひと時を過ごしました。

シャボン玉おじさんに感謝しながら虹ヶ浜を後にしました。

柳井金魚ちょうちん祭(3)

柳井金魚ちょうちん祭その(3)は金魚ちょうちんの表情です。
ますは 静かな佇まいの中で、

レトロな雰囲気の街灯と一緒に、
昨日は雨だったので、晴れて良かったワ~ なんて空を見上げているんでしょうか


軒先で いらっしゃいませと 頭を下げて挨拶しているかのような金魚さん

ねぇねぇ 遊んでョ~ と甘えているような金魚さん

目元 パッチリの 美人です

ねぇねぇ あすこでカメラ構えているひと 素敵ネ
うんうん チョッピリイケテルカモ なんてヒソヒソ話しているような

最後は 1枚目と同じ金魚さん やっぱり ひっそりと佇んでいる姿が気になります

どうも、金魚さん達は手書きではなく印刷のようで
じっくり見てもパッと見でも 同じ表情をしているようなのです。(^_^;;)
背景や周りに写し込んだものや コメントで
少しずつ 表情が変わって見えると良いのですが。(^o^)/

1-7枚目D200とAFS VR70-300/f4.5-5.6。
最後の8枚目はD700とAFS18-24-85/f3.5-4.5。

柳井金魚ちょうちん祭(2)

その(1)は 有名な柳井白壁の町並みの商店街でしたが、
その(2)甘露醤油蔵(佐川醤油店)は白壁の町並みの中程を山側におれ2-30m歩いた所にある江戸時代から200年続く古い醤油蔵で、いつでも蔵の中を見学できます。

蔵に入ると直ぐに濃厚な醤油の臭いに包まれ、奥に仕込み樽があり、左壁沿いの階段を上ると樽の中を見学できます。
階段の所にある甘露醤油の造り方です。普通の醤油との違いが判ります。

階段をあがり樽の中を覗き生揚げ(もろみ)を観察しますが、暗くて良く見えません。
カメラの方が明るく写っています。


ウーム味噌の色と言うか醤油の色と言うか そんな色をしています。
醤油を造る道具でしょうか。


階段の上から蔵の入り口側を見るとこんな感じです。
金魚ちょうちんが飾り付けられています。

お客さんが増えた時を見計らってもう一枚。


お土産コーナーで金魚ちょうちんも売っていました。

それで、甘露醤油お土産に 買ってきませんでした。
ブログをまとめていて普通の醤油と違うのを初めて知りました。(^_^;)

全てD700とAFS 24-85/f3.5-4.5。
2枚目だけISO1600、 他は全てISO6400。
4枚目は手持ちでSS1/4,F4.5。 実は手摺りの上にボディを押しつけて撮りました。
D700高ISOで結構頑張っています。(*^_^*)
その3 金魚ちょうちんの表情をお楽しみにお待ち下さい。