ホーム アルバム帳 花のアルバム ピン甘日誌 フォト掲示板 BBSアルバム リンク集 プロフィール ブログやま帽子

フォト掲示板過去ログ - 19
20≪ ▲目次 ≫18
 可哀想なネーミング 投稿者:仮住 投稿日:2006/01/11(Wed) 07:26 No.382
382.jpg [写真クリックでBBSアルバムの画像拡大画面へジャンプ]

可哀想なネーミングもあるものですね。
「屁糞葛(ヘクソカズラ)」の実を撮ってみました。
花は小さく、真ん中が赤紫で、子供の頃この花を鼻にくっつけて「天狗」だぞなどと遊んだ記憶があります。

トップへ
 Re: 可哀想なネーミング 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/12(Thu) 00:39 No.387

仮住さん こんばんは。

ヘクソカズラ、花はかわいい真ん中が赤紫ですが、このつる草は大変な生命力を持っています。油断していると、草や庭木に這い登り、日光が奪われてしまうことがあります。一度、侘び助がこのつる草に覆われて、弱ってしまったことがありました。

で、私は、余り良いイメージを持っていないのですが、仮住さんは子供の頃からの懐かしい付き合いなのですね。

花との付き合い、なかなか難しいものです。

トップへ

 お正月の飾り 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/11(Wed) 06:09 No.381
381.jpg [写真クリックでBBSアルバムの画像拡大画面へジャンプ]

お早うございます。

中国では、いよいよお正月を迎えます。正月休みは企業によって異なるようですが、1月28日から2月5日までの9日間もお休みのところもあるようです。

アップした写真は、今泊まっているホテルのロビーの飾りです。このような飾りを吊るしたり、ウィンドウやドアなどに貼り付けたして、正月を迎える喜びを掻き立てています。

トップへ
 Re: お正月の飾り 投稿者:とんとん@会社 投稿日:2006/01/11(Wed) 13:52 No.383

こんにちは、予想以上に中国滞在が長引いているようで、ご苦労様です。日本が恋しくなっていることでしょう、一時的にでも帰国できると良いですね。

中国のお正月、最近の日本よりはかなり派手なようですね?

日本も昔は正月と言えば、特別な歳時だったように思いますが、最近は正月らしい風物詩も街中ではあまりお目にかからなくなったように思います。コマ回しとか凧揚げとか羽子板とか着物姿とか、歳のせいか少し寂しく感じられます。

それではお身体に気をつけて、お仕事が速く終了しますように。

トップへ
 Re: お正月の飾り 投稿者:kowatari 投稿日:2006/01/11(Wed) 18:30 No.384

旧暦では1がつ29日が1月1日になります。
私の田舎では1月の15日が小正月のお祝いなど行事があります。
中国の正月はこれにあたるのでしょうか、これから夜景などもさらに華やかになるのでしょうか。
やま帽子さんも大変でしょうが早く帰って家族との正月を楽しんでください。

トップへ
 Re: お正月の飾り 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/12(Thu) 00:28 No.386

とんとんとーんさん、kowatariさん こんばんは。

明日、帰ることになりました。中国の正月は、まさに旧暦の正月です。考えてみると、こちらが本家でそれが日本に伝来したのかな、など、と思ってみたりします。

正月には、企業の従業員は実家に帰るのだそうです、それも大きなお土産をもって夜行バスで。帰るのに3日、戻るのに3日かかるのも珍しくなく、1週間では、1日しか家に居られないので、不満が多いと聞きました。だから、9日あるのかも知れません。

こちらの人は、家族とか、親戚の付き合いをなにより大切にしており、日本から薄れてしまったものを、まだ色濃く大事にしているようです。

トップへ

 大寒波 投稿者:kowatari 投稿日:2006/01/09(Mon) 18:55 No.375
375.jpg [写真クリックでBBSアルバムの画像拡大画面へジャンプ]

仕事は思わぬ滞在になっているようですね。
こちらは大寒波です雪は多くないんですが、連日、日中の気温が−9度です。
早朝−15度ありました。車のテールライトに霜がニョキニョキと成長しておりました。
立体的な霜でピントがあいません。

トップへ
 Re: 大寒波 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/09(Mon) 21:28 No.376

kowatariさん こんばんは。
大寒波到来のチャンスを捕らえた霜の結晶素晴らしいですね。凄く大きな結晶のように見えます。どれくらいの大きさなんでしょうか。興味しんしんです。

NHKの国際放送では、日本海側は大変な雪だそうで、お見舞い申し上げます。

さて、仕事のほうですが、なんとかなりそうだと思います。今週一杯で終わりそうかなと言う雰囲気が出てきました。

結晶の大きさ教えてください。

トップへ
 Re: 大寒波 投稿者:kowatari 投稿日:2006/01/10(Tue) 19:15 No.377

サイズは2〜3ミリ位になります。
今度できたときは定規を当ててみたいと思います。
それと縦に成長した状況を撮ってみたいと思ってます。

仕事のほう順調に進むことを祈ってます。

トップへ
 Re: 大寒波 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/10(Tue) 23:09 No.380

kowatariさん こんばんは。

霜の結晶の大きさ2〜3ミリ位ですか。とても大きな結晶ですね。縦からの写真楽しみです。えっと、アップ戴いた写真、言い忘れていました。バックが赤なのがとても素晴らしいですね。今度はライトを点けて撮って見ては如何でしょうか。うーんでも、熱で溶けてしまうかもしれませんね。

仕事の方ですが、長引きそうなので、一時帰国の方向で打診の予定です。

トップへ

 くちなしの・・・ 投稿者:仮住 投稿日:2006/01/10(Tue) 19:28 No.378
378.jpg [写真クリックでBBSアルバムの画像拡大画面へジャンプ]

♪小さな幸せ それさえも 捨ててしまった
  自分の手から・・・♪

梅の花が咲くのが待ち遠しい。
被写体を探して「くちなし」の結実を撮ってみました。
H18.1.8荏柄天神社にて

トップへ
 Re: くちなしの・・・ 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/10(Tue) 21:57 No.379

仮住さん こんばんは。

この花を育てるの意外と難しいと思いました。庭に植えたその年は花を付けてくれたのですが、翌年土が合わなかったのでしょうか、枯れてしまいました。くちなしの香りが好きで植えたので、とても残念でした。

くちなしの実、確かキントンを料理するときに使うと鮮やかでおいしそうな黄金色のキントンができるのだったでしょうか。

色気のない話ですみません。

トップへ

 命かれても(紫陽花の花) 投稿者:仮住 投稿日:2006/01/08(Sun) 19:42 No.370
370.jpg [写真クリックでBBSアルバムの画像拡大画面へジャンプ]

♪命かれても♪
 惚れて振られた女の心 あんたなんかにゃわかるまい♪

H18.1.8 鎌倉・浄妙寺にて

トップへ
 Re: 命かれても(紫陽花の花) 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/08(Sun) 23:05 No.372

枯れたアジサイは私も面白いと思って撮ることがあります。然し、このような網目状の花脈(葉脈になぞらえて)は初めて知りました。

この次は、もっと注意して観察してみます。

ところで、仮住さん血液型は?私のようなB型ではないような。想像するに「A」では?

トップへ
 Re: 命かれても(紫陽花の花) 投稿者:仮住 投稿日:2006/01/09(Mon) 06:43 No.373
373.jpg [写真クリックでBBSアルバムの画像拡大画面へジャンプ]

やま帽子さんおはようございます。
お問い合わせの件、「O」型です。予測に反して平均的なO型人間だと自己分析しています。

紫陽花の枯れ花は、Kowatariさんが素晴らしいショットを見せてくれています。

添付の「侘び助」は、昨日鎌倉の「大巧寺(だいぎょうじ)」で撮ったものです。鎌倉駅からすぐそばにある「安産」のお寺さんですから、若いカップルや、母親に連れられた妊婦を良く見かけます。

トップへ
 Re: 命かれても(紫陽花の花) 投稿者:やま帽子@中国・南沙 投稿日:2006/01/09(Mon) 08:43 No.374

仮住さん お早うございます。
「O型」ですか。私の廻りは、A,B,ABが多くて賑やかですが、柔和で几帳面だった父と同じですね。どうも、失礼致しました。

ところで、白侘び助、山口の我が家の庭にもあります。アップ戴いた少しピンクがかかったものではなく、本当に白一色です。どちらも、各々違った趣があり、良い花ですね。

この正月には、侘び助の白い花に会えると思っていたのが中国で越年となり、残念でした。清々しく、ピンクがかりほのかに色気が漂う「侘び助」ありがとうございました。

トップへ
フォト掲示板過去ログ - 19
20≪ ▲目次 ≫18

ホーム アルバム帳 花のアルバム ピン甘日誌 フォト掲示板 BBSアルバム リンク集 プロフィール ブログやま帽子


Copyright(C)2005-2006 やま帽子
初版2006年04月05日、最終更新日2008年05月11日
http://yamabohshi.net/
掲載写真と文章の著作権は投稿された方に帰属しています サイトマップ