ホーム アルバム帳 花のアルバム ピン甘日誌 フォト掲示板 BBSアルバム リンク集 プロフィール ブログやま帽子


ピン甘日誌 - 19
20≪ ▲目次 ≫18

 ■ 信州オフ会・午後の部 7月2日

時間は一時を過ぎています。御泉水に少し未練を残しながら、ペコちゃんお薦めの長門牧場へお昼をとりに向かいます。この日の参加者は6名ですが、車は4台。地元の森の子さん、ペコちゃん、東京からていらぁさんそしてゆたさんは遙々名古屋から車で来られました。ていらぁさん、ゆたさん加えてstfさんは夕べ3時間しか寝ていないそうですが、眠気を全く感じさせない快調な撮りっぷりを披露しています。

信州オフ会−13
1.長門牧場レストラン前のトラクター

さて、私は再び森の子さんの車に同乗しましたが、stfさんは今度はペコちゃんの車を選びました。そして、次はていらぁさん、ゆたさんと乗り換えました。オフ会の楽しみの一つは参加された方とのコミュニケーションです。stfさん、さすがに慣れたものでオフ会を最大にエンジョイされていると感心しました。

セルフサービスのレストランで皆さんが思い思いのメニューをトレーに載せ席に着いています。が、ひとりペコちゃんが遅れています。お腹が空いている時は短い時間でも長く感じるものです。すると、ペコちゃんが新鮮な牛乳とヨーグルが並々と注がれた6個のコップをトレーに載せ席に向かって足早に近づいてきます。さすが、常連さんです、サービスで戴いて来たのです。皆さん好きな方を選んで撮影で乾いた喉を、美味しい美味しいと言いながらゴクゴクと飲んで潤しました。

信州オフ会−14
2.青空

不思議のゆたさんはと言うと、一応牛乳とヨーグルトを品定めしましたが、バッグから専用のボトルを取り出し、量を見極める目つきをしながら飲み干しました。理由はお聞きしたのですが、謎のままが....。

食事中の話題は、こんなに良い天気なのに「散歩猫」さんが参加されなくて残念だった事と、「OPさん」がもし参加されていたらどんな写真を??? に集中しました。

とんとんマスター主催雨の新宿オフ会にOPさんは参加されたのですが、一緒されたstfさんとペコちゃんの目撃談です。皆で花を撮っているとOPさんだけ反対側を向いて熱心に撮っている、花は無いのに何を熱心にと近づくと、水道栓だったり、マンホールだったり。
見当たらなくなったので、あれ?OPさんは何処? と見廻し物陰で発見すると、「今、電波飛ばしたでしょう」と問いかけられたり等々。

OPさんの不思議が深まり、人工物で時間の涙や無情(有情)を表現される感性が、時として人工物が全く見当たらない自然の中で何処に向かうのか、あてどなく野を彷徨うことになるのか、興味が尽きない話題でした。

信州オフ会−15
3.ツツジ−1

さあ、長門牧場からビーナスラインを通り、霧ヶ峰、八島湿原へと向かいます。時期が早いのでレンゲツツジがまだ咲いていないかも知れないとのことで、途中で停車して押さえのツツジを撮りました。ツツジは奥行きがある花なのでマクロ撮影が難しい花です。今回はもっぱらシベを狙います。黄色のツツジは初めてです。

信州オフ会−16
4.ツツジ−2

黄色とオレンジのツツジこれも初めて。始めはアングルファインダーを付けて中腰でカメラを上から覗き込んで撮っていましたが、だんだんと腰が痛くなりしんどくなってきました。次の写真を撮っていた時には、アングルファインダーを外し地面に座り込んでファインダーを直接覗き込んで撮っていました。

信州オフ会−17
5.ツツジ−3

そして、外したアングルファインダーをここで落としたのに全く気付かず次の場所に移動してしまいました。気が付いたのは八島湿原へむけて車山肩展望台を出発する時でした。皆さんと別れ森の子とツツジを撮ったところまで戻りましたが、なかなか見つかりません。記憶を辿りながらウロウロ探してしている内に、森の子さんが見つけて呉れました。ここの所落とし物(お歳物)が多く家内から呆れられていて、「またなの」と言われるのは笑って誤魔化すにしても結構辛い物があるし、捨てて帰るにはチョット高い物なので、心底ホットしました。森の子さん本当にありがとうございました。

レンゲツツジ
6.初めて撮ったレンゲツツジ

さて、時間はまた押さえのツツジを撮った時まで戻ります。初めてのレンゲツツジも撮り終わり、ばらばらになった皆さんを捜すと、ゆたさんはガードレールを越え車道側に座り込んで歩道側の草を撮っています。おやおや?と思っているうちに、車がビュンとゆたさんの背中を通りすぎました。思わず森の子さんが「怖っ!!」と、しかし、ゆたさんは車に気付かずシャカシャカシャカと軽やかな連射音を何度も響かせシャッターを切り続けていました。

グライダー
7.霧ヶ峰高原を飛行するグライダー

再び車に乗り、ビーナスラインから八島湿原へと向かいました。道沿いのレンゲツツジは案じたとおりまだ時期が早過ぎました。車山肩展望台も見渡す限り枯れ草と丈の低い緑の草だけです。喜んでいるのは森の子さんだけのようです。ターゲット被写体が見通の良い近場でカメラを抱えてウロウロしていたのですから。

八島湿原

8.八島湿原

アングルファインダーをみつけ、先行組に1時間チョット遅れて八島湿原に着きました。カメラを持った人が沢山います。駐車場からトンネルを潜って湿原側に出て、森の子さんがペコちゃんとケータイで連絡をとると皆さん近くにいるようです。

湿原へ木道を降りて行くと、ペコちゃんが待っていて呉れました。と、カシャカシャカシャと連射音が。音の方向を見やると木道と木道の間に青い服を着た怪しげな人が座り込んでいます。何時の間にか、不思議な人は怪しげな人に変身したようです。

ていらぁさんはゆたさんの向こう側で頭上に咲くズミの花を狙ってカメラをむけています。私は思いが定まらないうちに性急にシャッターを切る傾向があるのですが、ていらぁさんはとても熱心に、それでいて思慮深く静かに場所を変えアングルを確かめながらシャッターを切ります。
おっちょこちょいな私は、見習わなければなりません。そして、何故か息を詰めて ていらぁさんを見ているのに気づき、ふうーっと大きく息をつくのでした。

stfさんは、何時も左足を半歩前に出して体を安定させ、右肩を少し後ろに引いて左肩の辺りにカメラを構え左手でレンズを支えています。ターゲットを少し斜に構えて撮るスタイルがとても恰好良く決まっています。羨ましい。

コサメビタキ?

9.再びコサメビタキ?

時間が5時に近くなり、楽しみにしていた岡谷の蕎麦屋「あきしの」の蕎麦づくしの予約時間が近づきました。引き揚げようと、皆さんで木道を登り始めた時です。「とり!」と誰かが叫びました。少し離れた開き始めたばかりのレンゲツツジの上に野鳥がいるようです。ワイワイガヤガヤ言っているうちに少し遠くに移動し、とうとう飛んで行ってしまいました。私もカメラを構えましたが、サンヨンにはPLフィルターを取り付けたままでした。ブレブレのピンボケですが目撃の証拠です。

大しめ縄?

10.大しめ縄

下諏訪神社に着くと西日が木漏れ陽となって射しています。今日最後の撮影スポットですが木漏れ日でコントラストが激しいデジカメが苦手とする場面です。御柱行事の話を森の子さんから聞き皆さん再び思い思いに撮り始めました。午後の部最後は下諏訪神社秋宮の大しめ縄です。アングルファインダーをカメラに取り付け、低いアングルから狙って撮ったものです。

この後、あきしので歓談と蕎麦づくしを楽しみ 充実した一日が終わりました。そして、翌日最も怖れていた事態となりました。私のウェストに長年飲み続けたビールと酒の澱が溜まっている事実がバレてしまったのです。

怪人ゆたさんがまず最初にこの事実を、次いで、とんとんさんが諸手を挙げて喜びの歓迎入会コメントを発表しました。然し、私もそれ程遠く無いうちに、クラブとんとんで痩せたことで有名なダポンさんの如く、「それは昔の写真でしょう」と軽くいなす予定でいます。

さて、以上で楽しかったオフ会の報告も終わりです。長らくお付き合い戴きありがとうございました。

3, 4, 5はD70+タム90マクロ。8はD70+17-70。 他はD200+サンヨン+1.4xテレコン

オットまた、忘れ物をしました。オフ会、皆さんとお会いできてとても楽しかったです。幹事の森の子さん、信州ペコちゃん 本当にありがとうございました。



ピン甘日誌 - 19
20≪ ▲目次 ≫18

ホーム アルバム帳 花のアルバム ピン甘日誌 フォト掲示板 BBSアルバム リンク集 プロフィール ブログやま帽子


Copyright (C) 2005-2017 やま帽子
初版2007年07月02日、最終更新日2017年11月26日
http://yamabohshi.net/
サイトマップ