バラ2009(3)

鉢ヶ峰公園のバラ、今回でお終いになります。
今回は「オレンジと黄色」のバラです。



2枚目と3枚目のバラはアングルがちょっと違うだけでどうも同じバラですね。
3枚目はトーンカーブでハイキーに仕上げてみました。
今回も前回、前々回と同じでアップばかりです(汗)


オレンジばかりが続いてますが.....


少し黄色味がかったバラを


さあ 黄色のバラです

そして、最後は 「幸せの黄色いバラ」 です。

鉢ヶ峰総合公園は小高い丘(山でしょうか?)の頂上にあり、バラ園も陽当たりが良く風通しも排水も良いバラの生育には絶好の環境でした。なによりもボランティアの方達の熱心な手入れが行き届いていて、この日も大勢のボランティアの方が草取りと花がら摘みをされていました。本当にこんなに綺麗に咲きそろったバラを見たのは久しぶりで感激しました。

1-7枚目と最後がD200と300mm/f4+TC-14EII
8-10の3枚がD700とシグマAPO180mm/f3.5マクロ

“バラ2009(3)” への4件の返信

  1. おはようございます(^_^)
    サンヨンでマクロ、、、そのうち私もチャレンジしてみます。。。
    って、小さい鳥さんを撮っているのは、
    マクロみたいなものかな???
    前回の赤いバラよりも今回の黄色いバラの方が
    柔らかい感じに見えました。
    赤色や黄色はデジカメでは難しそうですが
    やま帽子さんの写真はどれもきれいに見えます
    さすがですね!
    シグマも良さそうですね(^_^)

  2. 色々のバラの写真見させて頂きました。
    またこの様な写真の撮り方は、一眼レフのマクロでの撮影でなければ、無理なのでしょうね。
    私の持っているデジカメは、一眼レフでなくLUMIX DMC FZ3のカメラで48倍までのズーム機能は一応あります。

  3. haradaさん おはようございます
    返信が遅くなり申し訳ありません。
    望遠レンズを使って 花の表情を大きく写し撮る方法は
    カメラ雑誌などでも紹介されていて
    カメラをちょっと移動するだけで背景をより柔軟に変えることができるので 
    プロで 望遠レンズを使っておられる方も多いようです。
    花の表情は光の加減で大きく変わるように思います
    順光より逆光や反逆光での撮影が好きなのですが、
    この方が陰影が付けやすいからでしょうか。
    この日は晴天で コントラストが強かったのですが、
    Silkyでの現像でソフトな仕上がりを狙いコントラストで「忠実」を選んでいます。
    「忠実」は森の子さんから教えて貰ったのですが、
    明るい色の微妙な陰影の再現性がとても良く気に入っています。
    シグマはもう少し使い込む必要がありそうです。 

  4. ツーカーさん お早うございます
    FZ3は機能が充実していて使っておられる方の満足度が高い良いカメラとの評判ですね。
    私は花に近づければマクロレンズを使いますが、
    近づけない時は望遠レンズを使います。
    今回のバラの写真でも望遠レンズを多用しています。
    FZ3の望遠は420ミリあるとのこと、望遠でトライされてみては
    如何でしょうか。
    FZ3には手ぶれ補正機能もありますが、三脚を使うと見違えるようにシャープになり、ボケの美しさも強調されます。
    (三脚で撮影されているのでしたら余計なお節介ですね、スミマセン)

コメントは受け付けていません。