ニュージーランド紀行(1) 日本出発~クィーンズタウン到着

こういう話題は新鮮さが大切、早くブログに投稿しなければと思いつつも、ニュージーランドへの旅行からもう一月が経ってしまいました。投稿がずるずると遅れた理由は何時も通り、拙い写真ばかりなので仕方が無いとなかなかあきらめがつかなかったことで、優柔不断な性格がますます酷くなるようで、自分のことながらどうしようもありません。
さて、今回は日本出発から最初の宿泊地クィーンズタウン到着までです。経路は 福岡空港 → 成田空港 → オークランド → クィーンズタウンと飛行機を乗り継ぎます。

出発地福岡空港展望デッキからの眺望、画面中央左手のJAL機に搭乗します。

いよいよ出発です。

窓の外の眺めです。場所がどこかは全く判りません。

成田に到着するともう夕方。バスに乗って、到着ロビーへ移動します。成田 → オークランドは夜行便。夕食は機内で、その後眠れぬ夜を過ごしました。到着前に朝食がだされ、約11時間のフライトで朝9時頃にオークランドに到着しました。途中、結構揺れましたが、皆さん旅慣れているのでしょうか、揺れに驚いて騒ぐ人は誰もいませんでした。
赤ちゃんが一人、結構ぐずって、お母さんがあやすのに苦労していました。

国際線ターミナルから国内線ターミナルへは乗り継ぎの時間がたっぷりあったので、重いバッグを引っ張りながら歩いて移動しました。
南半球ニュージーランドは5月下旬の気候でさわやかな微風、白い雲に青い空。木々も明るい日差しの下で新緑の装いです。来て良かったと本当に思いました。

オークランド国内線出発ロビーでの一枚。英語の国です。

オークランド → クィーンズタウンへ移動するニュージーランド航空の機体です。天気は晴れでしたが、途中結構ゆれました。今まで乗ったなかで一番の揺れではなかったでしょうか。機長のアナウンスで乗務員も着席することがしばしばありました。然し、乗務員の方は慣れているのでしょう、飲み物やクラッカーなどを揺れる中平気でサービスしていました。

クィーンズタウン空港に到着しました。乗ってきた白い機体に青い空そこに浮かぶ氷河に削られた険しい山。
麓は緑ですが途中から山肌が茶色になり緑がありません。アレー 山頂まで緑じゃない。
何の知識もない私は茶色の山肌が不満でした。翌日でかけたミルフォードサウンドへのガイドさんの説明で得心したのですが、ニュージーランドは気候の関係で植物限界線が低く、標高1500m近辺なのだそうです。植物限界線より上では植物は繁殖できません。そのため山肌は岩がむきだしの茶色や黒なのだそうです。

クィーンズタウン空港で出迎えて呉れた先住民族マオリの像。

次回はミルフォードサウンドへのバスツアーです。ミルフォードサウンドの景色などは一足先にアルバム帳にアップしましたが、行き帰りの途中の景色などをブログにアップする予定です。

写真は全てD700と24-85mmF3.5/4.5G

“ニュージーランド紀行(1) 日本出発~クィーンズタウン到着” への2件の返信

  1. おはようございます(^_^)
    海外旅行、、、イイですね(^_^)
    青い空が気持ちイイ!ですね。
    続きの現地での様子を見てみたいです、、、
    寒い季節なので、
    明るく暖かい風景を見てみたいなぁ~って思いました。

  2. haradaさんこんばんは。
    家族で海外旅行は今回が初めてです(最後かも...)が
    結構楽しんで呉れたようで、良かったです。
    現地の天気は雨こそ降らなかったのですが、曇りがちでした。
    晴れていても短時間のうちに天気がどんどん変わるので
    なかなか良い写真がとれませんでした。なんて 天気のせいに
    していますが、ホントは腕が今一です。
    写真の整理がついたら少しずつアップしますので、時々覗いて
    戴ければ嬉しいです。

コメントは受け付けていません。