上関海峡のだるま夕日

写真が趣味なら一度は撮ってみたい”だるま夕日”に巡りあったのは、もう5年も前のことでした。柳井市阿月地区の火祭り「阿月神明祭」に向かう車が平生町室津の海岸に差し掛かったのは、丁度日の入りの頃でした。
右手に見える海を見ると水平線近く薄く雲がかかり、沈もうとする夕日がオレンジ色に輝いています。急いで車を止めてもらい、おっとり刀でカメラと三脚を取出し防波堤の切れ目からトライポッドが並ぶ海岸へでてシャッターを切り、初めてのだるま夕日をとりました。
左手の灯台のような黒い影は亀岩灯標、右手の黒い影は牛島です。


シャッターを切り始めてからだるま夕日が水平線の下に沈んでしまうまでたった4分間。偶然のチャンスに恵まれました。

スーパームーン

12月3日夜に2017年最後となる満月を撮りました。地球と月の距離がこの年一番短くなる日で、買い物の帰り車の中から見つけた月は、ちょうど地平の上にのぼったばかりで 遠くの山や建物と較べ まるでお化けのように大きく、黄色いモンスタームーンだとびっくりしました。家に帰るとすぐさま撮影したのですが、月が明る過ぎて失敗。下の写真は、夜9時頃に再挑戦して撮りました。晴れた空に地平高くのぼった月は、いつもよりずいぶん明るいなと感じはしたものの 見慣れたいつもの大きさのお月さまでした。
三脚とリモートコードを使って、カメラブレを抑えピン甘な目を凝らして撮ったのですが、いつもどおりピントが甘く解像度は今一です。家内に良いレンズが有ればもっと綺麗に撮れると話したのですが、「本屋さんで本を買った方が安上がりで、もっと綺麗な写真が見れるわ」と、一蹴されてしまいました。まあ それは そうなんですが ……

きぼう を見よう(3)

ひさしぶりの更新です。
JAXA「きぼうを見よう」のページが閉鎖されてから随分時間が経ちました。再開を待っていたのですが、不正侵入があったとのうわさがあり、このページはなかなか再開されないようです。そこで、JAXAで紹介されているToriSat「宇宙ステーションを見よう」のページで観測時間の情報を仕入れ、久しぶりにISS/きぼうを撮影しました。

撮影場所は近所の公園のグランド。つい先日草刈があったので、綺麗に刈り込まれています。朝4:10から4:16にかけて南南西から北東へ(写真右側から左側へ)最高高度49度で大空を横切るISS/きぼうの光跡です。(中央右下は国道2号線を走る車のライトの光跡、左側に三脚の影が写っています。)
今回はインターバルタイマーを使い、露出3秒、間隔1秒で76枚の比較明合成です。梅雨が明けてから朝方は曇り続きでしたが、久しぶりに晴れた空、湿気が多くシーイングは今一でしたが、ISS/きぼうが悠然と渡っていく様子には今更のように胸がときめきました。

D700とシグマ15mm/f2.8。 F3.5、ISO400、3秒・・・原画像は暗かったので+1EV明るくしました。