山法師

昨日(4月7日)近所のスーパーで
やまぼうし(山法師) と言う銘柄のお酒を再発見しました。
ちょっと甘口ですが、すっきりとした飲み口でフルーティな香りが漂う 美味しいお酒です。HPが やま帽子写真館なので、
やまぼうしの花をシンボルフラワーにしているのですが、一月の終わり頃に 同じスーパーで 初めて「山法師」 を見つけた時はちょっと興奮しました。青色の涼しそうな四合瓶です。この時は 純米吟醸生原酒 でした。

蔵元は山形県の六歌仙酒造、ネットで調べてみるととても人気があるお酒のようです。実は、一升瓶はずっと置いてあるのは知っていたのですが四合瓶が欲しかったのです。そして、今度は 「純米中汲み生々」です。お酒は好きなのですが、はて 中汲み? って??
調べてみると お酒を絞る時に出てくる 順序で

最初は 「 あらばしり」   薄く濁っているそうです
次に  「 中取り/中汲み」 で透明な味と香りのバランスが良いお酒が
最後は 「 責め」      で圧力をかけて絞り出したもので 雑味が多いのだそうです。

普通のおさけは この3つが混ざっているのだそうですが
「中汲み」は一番美味しい部分だけを詰めたとのこと。
サーモンとハマチ おしんこにちくわ で堪能しました。
暫くの間 楽しめそうです。