やまぼうし

うかうかしている中に 五月も今日で終わり
まったく時の流れが速く 押し流されているこの頃です。
さて、今年も下松ふくしの里でやまぼうしを撮りました。久しぶりのブログの更新 どんどん 貼ることにします。



なんか どれも左に傾いたヤマボウシばかりですね と 言いつつ またまた 左に傾いたヤマボウシ

そこで ちょっと酒肴の(? しゅこうはこれで良いのかな~)変わったヤマボウシを



変わり種のヤマボウシって 探すのが結構難しのです



空に向かって背伸びしているような



3人で踊っているのかな?

そろそろ ネタぎれ お手上げです ご容赦を!

チョット もうチョットあります まあ もう少しですから (なんて 引き留める態度デカ過ぎですね スミマセン)

帰らないで下さい お願い!

お終いです 拙い写真と文章に最後までお付き合い下さいありがとうございました
アロハ!!

全てD200と300/f4+TC-14EII

山法師

昨日(4月7日)近所のスーパーで
やまぼうし(山法師) と言う銘柄のお酒を再発見しました。
ちょっと甘口ですが、すっきりとした飲み口でフルーティな香りが漂う 美味しいお酒です。HPが やま帽子写真館なので、
やまぼうしの花をシンボルフラワーにしているのですが、一月の終わり頃に 同じスーパーで 初めて「山法師」 を見つけた時はちょっと興奮しました。青色の涼しそうな四合瓶です。この時は 純米吟醸生原酒 でした。

蔵元は山形県の六歌仙酒造、ネットで調べてみるととても人気があるお酒のようです。実は、一升瓶はずっと置いてあるのは知っていたのですが四合瓶が欲しかったのです。そして、今度は 「純米中汲み生々」です。お酒は好きなのですが、はて 中汲み? って??
調べてみると お酒を絞る時に出てくる 順序で

最初は 「 あらばしり」   薄く濁っているそうです
次に  「 中取り/中汲み」 で透明な味と香りのバランスが良いお酒が
最後は 「 責め」      で圧力をかけて絞り出したもので 雑味が多いのだそうです。

普通のおさけは この3つが混ざっているのだそうですが
「中汲み」は一番美味しい部分だけを詰めたとのこと。
サーモンとハマチ おしんこにちくわ で堪能しました。
暫くの間 楽しめそうです。

スズラン

今年は スズランが 沢山に増え 花もいっぱい咲きました。
スズランが庭にやって来たのは去年も書きましたが 10年以上前でしたその時2-3株だったのが 去年は40株くらい 今年はなんと90株以上も

咲き始め4月20日のスズランです


そして 満開をむかえた4月29日 スズランの芳しい香りが辺り一面に



今はもう盛りを過ぎて痛んだり散り始めたりしています
今月の終わり頃には かわいい青い実をつけていて欲しいのですが..

1、2、4枚目D700とシグマ180mmマクロ、3枚目D70とAF-S60mmマイクロ
5枚目D200とAF-S300/F4+TC-14EII