ニュージーランド紀行(5) ミルフォードサウンド・クルージング(前半)

今回はミルフォードサウンド・クルージングです。

画像は全部で18枚ありますが、9枚を前半、残り9枚を後半として分割しました。曇天の色彩のパッとしない画像ばかり、大部分は腕が原因ですが晴れていればと腕を棚の上にあげたくなるのも人情でしょうか。
さて、ミルフォードサウンドはフィヨルドランド国立公園にある数多くのフィヨルドのひとつで一番最後に発見されたものだそうで、氷河に削られたU字谷がタスマン海に沈んで出来た入江で、海から直接立ち上がった急峻な崖と山、その崖から海面に落下する落差百数十mにも及ぶ数々の滝、アザラシやイルカなどの海洋生物と深い水深がつくる濃く深い緑青色の海などが見所です。
私たちが乗った船は赤色の双胴船で名前は”プライド・オブ・ミルフォード(PRIDE OF MILFORD)”号です。1階と2階が乗客室、一階の船首と船尾それと3階が展望デッキ、船長室は2階の船首にあり、クルージング所用時間は1時間45分でした。
出港は午後1時30分、まだ上空には晴れ間が見えます。出港後30分間が頼んでおいた昼食ビュッフェタイムです。

下はニュージーランドで買った地図をD70+60mmマイクロで接写したものですが、60mmマクロはシャープな写りで花を撮る時のお気に入りのレンズです。地図の接写もとてもシャープですね。さてこの地図はフォードサウンド・クルージングの航路図です。船着き場を出航後、船は南岸にそってタスマン海へと向かい、タスマン海を臨むデールポイントで右回りに旋回し折り返して、北岸沿いに進み再び船着き場へ戻ります。有名な見所は、マイターピーク、スターリング滝などです。

食事を終えて3階デッキに出てみると、もう、右手前方にスターリング滝、左手の黒い崖はカッパーポイントのようです。旅行案内書などを読み返してみると出航してからの30分がミルフォードサウンドの一番の見所なんだそうです。うかうかとビールを飲み、白身魚のフライが美味しいとおかわりしている間に見所を過ぎてしまいました。
もっとしっかり下調べしておくべきでした。

3階デッキに出ると、そこはは何かに捕まらないと立っていられないほど強い風が吹いていました。然し入り江に入ると風も弱まりちょっと余裕で写真も撮れます。船は写真左手の方向に進んでいます。向い岸のスターリング滝が丁度見頃です。

左手はマイターピークの絶壁です。しかし1600mも上にある頂上はこんな近くからは見えません。出航直後が絶好の写真ポイントだったのだそうです。(涙)

出航後45分、カッパーポイントを通り過ぎました。ここは昔銅が採れたのでこの名前がついたのでそうですが、こんな隣が海の急な斜面でどうやって掘っていたのでしょうか?

3分後、船はフェアリー滝の直ぐ傍まで近づき、頭の真上から落ちてくる滝を見上げます。
下の写真は、ゆっくりと滝を離れていく時に撮ったものですが、ここは入江の中で風も穏やか、先程まで手摺りにつかまったり物陰に隠れていた乗客の誰もがリラックスしています。
その一枚下の写真は、折り返しを過ぎて帰る途中反対側から眺めてフェアリー滝、私達の後から出航した観光船が写っています。一寸古めですが、船で一夜を明かすナイトクルーズにも使われる船で、ここミルフォードサウンドでは一番の豪華船のようです。


さて、出港から1時間経ち、タスマン海への出口 折り返し点に近づいてきました。相変わらず風の強い3階デッキで頑張っていたのですが、そろそろ疲れてきました。下の写真は船室に降りる前に船尾から撮ったミルフォードサウンドの眺めです。

船室へ降りた私は、直ぐさまビールを買い、船首付近の座席にすわり、ゆったりと目の前の景色を見ていました。
タスマン海への出口、デールポイントへ近づいた途端 海が開けたのでまた風が一段と強くなり船のピッチングも大きくなりました。その時でした、なんと若い男性の乗客が船首で、船のピッチングにあわせ、トランポリン宜しくどんどん高くジャンプをはじめたのです。両腕を上に振り上げ、仲間に向かってはしゃいだ声をあげながらいつの間にかデッキの手摺りより高く跳んでいます。おいおい危ないじゃないかと思っていたのですが....2階は船長室です。船長室の真ん前で跳ぶなんて、 この人船長さんにこっぴどく怒られていましたっけ。
そして、下の一枚は上の写真から12分後 折り返し点を過ぎ、帰り始めに船首から撮った一枚ですが、上の写真と同じ景色が写っています。
帰りの航海は追い風、往きの凄まじい風とうってかわり 穏やかな航海でした。そのせいでもないでしょうが、気分がゆったりとした私は、なんと、タスマン海への出口の写真を一枚も撮っていませんでした。ゆったりとしたと言うより、まあ、なんて間が抜けているのでしょうか。

と、ここで中途半端ですが前半の終わりです。船着き場ではそうでもなかったのですが、兎に角凄まじい風でした。曇り空が白飛びしないように随分とアンダーに撮ったので、雲の様子はそこそこ再現出来たように思います。が、引き替えに色彩が濁ってしまって.....。

地図はD70と60mm/F2.8,写真1-2がD700と24-85/F3.5-4.5、写真5と7がD200とシグマシグマ18-200mm/F3.5-6.3、残り5枚はD700と18-35/F3.5-4.5。

ロウバイにメジロ

光市冠梅園でロウバイが見頃と昨日テレビで放送が。

昨年も放送があった翌日ロウバイ狙いで出かけたのですが、大分盛りをすぎていました。さて、今年も即、今日行ってきたのですがやはりほんの少し盛りを過ぎていました。然し、去年よりはずっと綺麗な花が多く、かなりの枚数を撮りました。
撮り始めて直ぐチーチーチーとメジロの声がするのに気がつきました。
なんと、目の前でメジロが遊んでいます。


2枚撮ったところで余りに近すぎたので、気付かれ逃げられてしまいました。
気を取り直し、ロウバイに集中していたのですが、またメジロが。


ロウバイの出来は?でしたが、久しぶりにメジロが撮れたので、ちょっとばかりハッピイでした。
4枚ともD200と300mm/F4+1.4Xテレコン

ニュージーランド紀行(4) ミルフォードサウンドへの道-3 ミルフォードへ

フィヨルドランド国立公園入り口の町テアナウで約30分休憩の後、バスはテアナウ - ミルフォードハイウェイへと入りミルフォードサウンドへと向かいます。ミルフォードサウンドまでは約2時間半の道のり、途中何カ所か景色の良い所で写真タイムとして10分程度の短い休憩をとりながら進んで行きます。
テアナウからテアナウダウンまでバスはテアナウ湖に沿って約30分北上します。途中バスの中からテアナウ湖が良く見える場所で何枚か撮りました。そのうちの一枚です。

さて、ここでテアナウダウンからミルフォードサウンドへの地図を再掲します。
写真タイムでバスが停車するのは、エグリントンバレー、ミラー湖、ノブスフラットとモンキークリークそれにホーマートンネル入り口前の5カ所です。
注記:下の地図には間違いがあるようです。ノブスフラットとホーマートンネルの中間には、実際には2つの湖があります。どうも南側のガン湖とその北側にあるファーガス湖が、一つのつながった湖(ガン湖)になっているようです。実際のガン湖の大きさは地図の2/3位でそこにファーガス湖との境の陸地があります。ガン湖東岸を走るハイウェイはファーガス湖との境の陸地を通り、ファーガス湖西岸を北上しています。この地図 ニュージーランドで買ったのですが、何故???

テアナウダウンを通過し暫くすると、バス進行方向左手にテアナウ湖へ注ぐ、下の写真手前に写っている、エグリントン川が見えてきます。
写真正面の山に三角形の薄茶色の岩肌が露出した傷跡のようなものが見えます。これは、山を覆う森林の木が雪崩をおこして落下した跡です。
ニュージーランドの山はどこも土のない岩山でそこに生えた苔の上で木が育ち互いに根を絡み合わせて岩肌の上に森林をつくっているのだそうで、なにかの拍子に一本の木が岩肌から剥がれると、支えを失った木が次から次へと剥がれて、木の雪崩”ウッドアバランチェ”が発生するのだそうです。
ウッドアバランチェは小規模なものから大規模なものまでしょっちゅう発生し、その跡が山のあちこちに残っています。

テアナウから約35分、黄色の文字でフィヨルドランド国立公園と書かれたそれほど大きくない濃い緑色の看板を通り過ぎフィヨルドランド国立公園に入ります。直ぐに道路は巨大なブナの林を通過して行きます。肉眼では大きなブナの木がちゃんと見えるのですが、写真では流れてしまって???です(汗)。

フィヨルドランド国立公園入り口から約3分、最初の写真ポイント エグリントンバレーです。エグリントンバレーは氷河が削った写真奥に見えるU字形の谷で、そこまで広がる平地は氷河が削り運んだ岩石が堆積して出来たそうです。
この場所では平原を掘り下げてミルフォードハイウェイをつくったので、氷河が残した堆積物が道路の両側に露出しており、右下の砂利のようなものがその堆積物で、人の頭程の岩から丸や角のある砂利、土のような細かいものまで色々です。バスの中からなので窓の反射が写り込んで、ちょっと見にくいですね。 スミマセン

1番目写真ポイントを出発してたったの2分、2番目の写真ポイント ミラー湖に到着です。ここでは、バスを一旦降りハイウェイ沿いに出来ている約100m程の遊歩道をミラー湖に沿って歩きます。写真タイムは約10分、下の5枚がその時に撮ったものです。

上の写真手前がミラー湖、奥の山並みはアール山脈です。立派な木道の上を歩きます。
下は定番の一枚、水面に映った字がちゃんと読めるように逆さまに書かれたミラー湖の看板です。




ミラー湖から約7分 4番目の写真ポイント ノブスフラットにつきます、ここがミルフォードサウンドまでの最後のトイレ休憩です。
下の2枚はノブスフラットの景色で、名前通り、氷河が運んできた堆積物で広い平原が形作られ、あちらこちらにブナの林が点在しています。下の写真手前を流れているのがエグリントン川、奥はアール山脈です。


上の写真手前に茶色の枯れたような草が見えます。この草の名前はタソック、ニュージーランド固有種で枯れているわけでは無く、葉っぱが茶色の草なんです。草の向こうの道はミルフォードハイウェイ、この道を右手の方向に向かいます。
ノブスフラットから約10分、ミルフォードハイウェイはガン湖の右岸を通ります。湖が見え始めるとそれまで100km程の速度がとたんにゆっくりに。写真が撮れるようにとの運転手さんの粋な計らいです。もちろん左座席の私はこれでもかと言うくらいガンガンシャッターをきりましたが、同じようなカットばかりでした。下の2枚がガン湖です。


約2分間程ゆっくりと走った後、バスは又猛烈な速度でブナ林を走り抜け始めました。


10分余り爆走の後、再びゆっくり運転です。今度は左手に小さいながら美しい滝(下の写真)が現れました。左側座席の人は一斉にカメラのシャッターを切っています。

多分この辺りでディバイドと呼ばれるニュージーランド南島西岸を南北に走る南アルプス山脈を東から西に通り抜けたのではないかと思います。タスマン海から押し寄せる雲が南アルプスにぶつかり多量の雨を降らせるので、西側は多雨で東側は乾燥した気候になるのだそうです。
テアナウ出発から2時間20分、バスは西へと進路を取り4番目の写真ポイント モンキークリークに到着しました。この川の水を飲むと5年寿命が伸びるそうですが、天の邪鬼な私は川には見向きもせずせっせと周りの山をカメラにおさめました。
ニュージーランドには野生の猿は無論のこと人間が持ち込むまで哺乳類は一切棲んでいませんでした。じゃあ何故ここを流れる川の名前がモンキークリークなんでしょうか? ガイドさんの話に依れば、この川で流されてしまった犬の名前なんだそうです。正面の雪を被った三角の山はクロスカット山です。

モンキークリークから18分、ミルフォードサウンドまでは残り25分、周りをU字形に囲まれた谷に到着、ここが5番目の写真ポイントです。
この谷の名前でしょうか、ガイドさんが盛んにカスケーズと言っていましたが、雨の時期には周りを囲む絶壁から無数の滝が勢いよく流れ落ちその有様は正に壮観なのだそうです。
残念なことに、ここ暫く雨が降らなかったようで、急峻な斜面を僅かにしたたり落ちて濡らす水があるだけで、滝は一本たりとも見えませんでした。

カスケーズ谷を出発し、ニュージーランドに10数カ所しかないと言う自動車トンネルの一つホーマートンネルへと向かいつづら折りの道を下って行きます。


上の写真は木雪崩・ウッドアバランチェの跡です。ホーマートンネルを抜け、ミルフォードサウンド側に出て10分くらいはしった付近にありました。進行方向右手の山で発生し、道路を横切って写真に写っている道路左側まで達した木雪崩で、比較的新しいものだそうです。こんな木雪崩にあったらバスでもひとたまりもないでしょうが、この時事故は無かったそうです。
もう一息でミルフォードサウンドです。写真の奥に写っている山の右手にミルフォードサウンドがあるはずです。嬉しいことに空は晴れています。


そして、ミルフォードサウンドのバスターミナルへ着きました。テアナウを出発して2時間40分、クイーンズタウンから6時間の旅でした。
おまけの一枚はマウントクックリリーです。モンキークリークの駐車場脇に咲いていました。

写真はおまけがシグマ18-200mm/F3.5-6.3、あとは全部D700と24-85/F3.5-4.5。

アルバム帳ミルフォードサウンドでミルフォードサウンドクルージングの殆どの写真をアップしましたが、次回はミルフォードサウンドの予定です。こちらでは、残りの写真をアップします。(一部アルバムの写真も使うかも知れません。)