ジョビ子

1週間程前から家の廻りでジョウビタキを見掛けるようになりました。
ヒッヒッと言う鳴き声とカタカタ言う音はくちばしを強くかみ合わせているのでしょうか。

なかなか撮るチャンスがなかったのですが、お隣の柿の枝に止まりさかんに鳴いているところをパチリと。木枯らしのような風がピューと強く吹いたので頭の後ろの毛が逆立ちしています。

左を向いていましたが、右に向きを変える所です。

今度は右を向いて、ヒッヒッヒ カタカタとやっていました。結構警戒心が強く、人の姿を見つけると直ぐに飛んで行ってしまいます。

3枚ともD200+サンヨン+1.4xテレコン

露出がアンダーだったのでD-Lightingをかけ、トーンカーブで暗部を思い切り持ち上げたので、画質はメロメロ。 ノイジーになってしまいました。

スズランの赤い実

随分と長い間お休みしていましたが、久しぶりの更新です。
秋が深まり、立冬を過ぎて青々としていたスズランの葉は黄色や茶色の枯れ葉色になり、多くが地面に倒れ臥してしまいました。そのせいか、葉陰に隠れていた赤く色付スズランの実がとても目立つようになりました。

庭にスズランを植えて10年余りになりますが、今までは一粒の実も成ったことがありません。数えてみると8個もの赤い実が成っていました。
特別に肥料をやったりしたわけではないのですが、初めて見る赤い実はitigeさんのホームページ「四季の山野草」で拝見した時の感激と驚きを鮮やかに思い起こさせてくれます。

2枚ともD200+60mmマイクロ